沿革

1958年12月
(昭和33年)
創業者である小笠原 健祐が水道用資材の販売を目的に渋川市中之町にて「小笠原商店」を創業
1965年7月
(昭和40年)
渋川市中村726番地に倉庫を建設
1968年2月
(昭和43年)
資本金600万円に増資
「株式会社小笠原商店」に改組
1975年5月
(昭和50年)
渋川市中村726番地に本社社屋を新築
「水に関する総合商社」として管材機器事業部、水処理事業部、下水処理事業部と3部門制を採用
1984年9月
(昭和59年)
渋川市中村786番地に「OGASAWARAビル」竣工
本社及び倉庫を移転